スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県民大会に出席表明へ=普天間、県内移設反対-仲井真沖縄知事(時事通信)

 沖縄県の仲井真弘多知事は20日午前、県議会与党の自民、公明両党の県連幹部に会い、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の県内移設に反対する25日の県民大会に出席する意向を伝える。20日午後には、大会出席の理由などについて記者団に正式表明する予定だ。
 政府は、鹿児島県徳之島にヘリ部隊移転を進める一方、沖縄県名護市などのキャンプ・シュワブ陸上部にヘリ離着陸帯を建設する案を検討している。仲井真知事の県民大会出席により、沖縄県内の反対運動が盛り上がるのは必至。県内移設が一層困難となり、徳之島への移転も地元の反対が強いことから、鳩山由紀夫首相が目指す「5月末決着」は絶望的な状況だ。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

特養のユニット型居室面積基準引き下げへ―厚労相方針(医療介護CBニュース)
八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)
最大7・5mの雪の回廊開通、岩手と秋田結ぶ(読売新聞)
生徒の「セクハラ認知」進む 神奈川県立学校(産経新聞)
裁判員裁判の量刑、殺人や性犯罪で重い傾向(読売新聞)

母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷-愛知県警(時事通信)

 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で一家5人が殺傷された事件で、逮捕された長男高之容疑者(30)が最初に母親の正子さん(58)、次にめいに当たる金丸友美ちゃん(1)、その後岩瀬さんら3人を刺したことが19日、県警豊川署への取材で分かった。
 同署は、高之容疑者がインターネットを誰が解約したか正子さんに問い詰めた後、次々と一家5人を刺したとみて、殺傷時の詳しい状況を調べている。
 同署によると、同容疑者は17日午前2時すぎ、2階で寝ていた正子さんに懐中電灯を照らしながら「誰がネットを解約した」と問い詰めたという。同容疑者は弟が解約したと聞き、1階の台所から包丁を持ち出し、まず2階で正子さんを、次に同じ部屋にいた友美ちゃんを刺した。その後、再び1階に下り、岩瀬さんら3人を刺したという。
 事件では岩瀬さんと友美ちゃんが死亡、正子さんら3人が重軽傷を負った。
 同容疑者は逮捕直後、「父親にネットを止められた」と話しており、供述が矛盾することから、同署はネット解約をめぐるトラブルの経緯を詳しく調べている。 

【関連ニュース】
刺し傷、5人に計44カ所=事件前、トラブル通報8回
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑
小泉被告に死刑判決=「更生可能性ない」
元次官連続殺傷、30日に判決=死刑求刑、小泉被告に
少年2人を家裁送致=石巻3人殺傷事件

オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)
<新幹線>八戸-新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕-警視庁(時事通信)
三浦の新名物「アカモク」食べごろ 健康食品としても注目(産経新聞)
<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)

別れさせ屋 離婚された女性と交際、殺害…絶えぬ被害(毎日新聞)

 「別れさせ屋」と称する東京都内の元探偵会社社員の男が、交際女性を殺害した事件から1年がたつ。男は女性の夫から、離婚工作を請け負い女性に接近。素性がばれた末に悲劇は起きた。男と女の感情を巧みに利用する別れさせ屋。悪徳業者による被害は絶えず、法規制を求める声も上がっている。【宍戸護】

 「妻とは離婚時点で終わっている。業者には素行調査しか頼んでいない……」。栃木県南部の農村。32歳で殺害された五十畑(いそはた)里恵さんの当時の夫を訪ねると、夫はゴルフ練習の手を休め、淡々とした表情で話した。

 2人は99年に結婚し子供ももうけたが、親せき付き合いや金銭観を巡り夫婦仲は冷え切っていた。07年5月、夫は東京・池袋の別れさせ屋に「親権をとって離婚したい」と依頼。素行調査が行われたが、里恵さんに問題は浮かばなかった。判決によると、夫の依頼を受けて離婚工作を担当することになったのが、桑原武受刑者(31)だった。

 「おいしいケーキ店知りませんか」。桑原受刑者は里恵さんの行動パターンや交友関係を下調べし、偶然を装って近づいた。翌週には「外資系企業の転勤で来た。地元の事情を教えて」と持ち掛け、メールアドレスを交換。友人との飲み会では後輩も登場し「うちのボーナスは数百万円」と気を引く言葉を口にした。車道側をさりげなく歩くエスコート、カラオケやものまね上手……。2人は間もなく親密な交際に発展。夫はそれを示す写真を突き付け11月、里恵さんと離婚した。

 都内の高校中退後、鉄筋工を経験し、06年7月に別れさせ屋に転職した桑原受刑者。妻子もいたが、里恵さんとの交際は続いた。生活費捻出(ねんしゅつ)のため会社の金を使い込み解雇された09年3月、別れさせ屋と発覚。里恵さんの友人に「工作費約300万円を夫から受け取った」と白状した。

 裁判で桑原受刑者は「本気で好きだった」と述べたが、里恵さんの友人は「ビル賃貸業を営む里恵の両親の財産狙い」と見る。

     □     

 別れさせ屋は93年、東京・銀座の探偵業者(44)が始めた。夫の浮気に悩む妻が「浮気相手と別れさせて」と依頼するケースが多い。関東在住の女性(48)は、男性工作員が浮気相手の女性に近づき一度は離別させたが、3日後に復縁。別の業者に駆け込み、今度は女性工作員が夫に接触して別れさせた。「自分の力ではどうにもならない。子供もいるので、家庭を壊したくなかった」。女性は目に涙を浮かべ、別れさせ屋に頼った経緯を振り返った。

 97年にテレビ番組で紹介されたことがきっかけで、業者が増え始めた。関東在住の20代女性は不倫相手の上司と妻を別れさせるため、名古屋市の業者に着手金を10万円払った。その後数カ月間で計290万円を請求され消費者金融のローンを組まされた。大阪市の業者に依頼した関西在住の妻は「2人は片時も離れない。最高に難しいケース」と150万円を追加請求されたが、まともな調査はされず損害賠償を求めた。

 国民生活センターによると、別れさせ屋を含む探偵業者への苦情相談は、05年度に1666件とピークを記録し、その後も1000件以上で推移。探偵業者で作る社団法人・日本調査業協会の高橋新治倫理委員長(60)は「別れさせ屋でトラブルになっても依頼主の多くは動機が不純のため、訴訟では救済されにくい。別れさせ屋は法規制されるべきだ」と訴える。

     □     

 里恵さんの父勉さん(61)=宇都宮市=は一周忌を前に10日、栃木県小山市の霊園を訪ね、一人娘が眠る墓石にトルコキキョウを供えた。一緒に暮らす5歳の孫には「マミーは病気で入院している」と説明しており、連れて行かなかった。自宅居間の遺影前で線香をたくと、孫は「マミーが早く良くなりますように」と拝むという。

 ◇「別れさせ屋」殺人事件◇

 桑原受刑者は09年4月12日、東京都中野区のマンションで別れ話の口論の末、里恵さんを絞殺。殺人罪などに問われ10年3月9日、東京地裁で懲役15年(求刑・懲役17年)の判決を言い渡され、確定した。

 ◇全国に250業者以上

 日本調査業協会によると、探偵業者と「別れさせ屋」は、いずれも素行調査をするが、別れさせ屋はさらに、疑似恋愛する主役が現れ、脇役の工作員を使いシナリオを演じる。全国には約4500の探偵業者がおり、別れさせ屋を営んでいる業者は、少なくとも250存在している。

 協会は人の生活の平穏を害し、個人の権利利益を侵害するなどとして「別れさせ工作をしてはならない」と自主規制しているが、協会加盟は1割以下の約370業者にとどまる。

【関連ニュース】
ニッポン密着:離婚された女性と交際、殺害 別れさせ屋、絶えぬ被害

<議員立法>民主党が容認 政府との合同審査条件に(毎日新聞)
<福田陽一郎さん>死去、77歳=「ショーガール」など脚本(毎日新聞)
阪大病院で輸血ミス、B型女性にO型…死亡(読売新聞)
労働者健康福祉機構の伊藤理事長は「今年中に交代に」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
北海道で強い揺れ 釧路で震度4(産経新聞)

<小澤征爾さん>8月の長野・松本公演も降板(毎日新聞)

 食道がんの治療のため6月末までの活動休止を発表していた指揮者の小澤征爾さん(74)が、8月に長野県松本市で予定されている「サイトウ・キネン・フェスティバル松本2010」のオペラ公演の指揮も降板することが9日、同フェスティバル事務局から発表された。9月のオーケストラ公演は指揮するが、10月に始まるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とのヨーロッパ公演と日本ツアーも降板する。

【関連ニュース】
【写真特集】小澤征爾:食道がんを告白 6月までの公演をキャンセル 「半年以内に戻ってくる」と
暮らし・教育 『失敗の教科書。』=宮下裕介・著
オペラ:「死神」は魅惑の美女 川崎で24日から、作曲の池辺氏ら語る /神奈川
プロデュースオペラ:「ホフマン物語」チケット発売--あすから /愛知
創作オペラ:松江から総合芸術創出へ 「虹の大橋」概要決まる /島根

強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う-千葉地裁(時事通信)
財務副大臣「あれもこれもは…」公約の修正示唆(読売新聞)
亀井静香氏、相次ぐ新党「不安定な政治の象徴だ」(産経新聞)
子ども手当 外国人への支給厳格化 年2回帰国面会確認へ(毎日新聞)
入院の妻死亡、死者3人に=自営業者宅放火-京都府警(時事通信)

「宝物探しに行こう」 小5長男に見張りさせゴルフ場荒らし (産経新聞)

 「宝物探しに行こう」などと小学5年の長男(11)を誘い、見張り役をさせてゴルフ場荒らしを重ねていた男が、兵庫県警に窃盗容疑などで逮捕されていたことが29日、捜査関係者への取材でわかった。被害は兵庫と大阪、京都の3府県で104件、約1千万円相当に上り、県警はこのうち44件を裏付け、30日にも追送検する。

 逮捕されたのは、大阪府豊中市の無職、北村昭被告(39)=公判中。

 捜査関係者によると、北村被告は、昨年8月~10月、バールで窓をこじ開けるなどの手口で主にゴルフ場管理棟事務所に侵入、ゴルフクラブやボールなどを盗んだ疑いが持たれている。

 また北村被告は昨年夏、「宝物探し」のほか、「カブトムシ捕り」や「お化け屋敷へ行こう」と偽って深夜に車で長男を犯行現場まで連れていき、見張り役などをさせていた。

 北村被告は、昨年10月、同県西宮市内で自動販売機荒らしをしようとしたところを県警に現行犯逮捕され、余罪が判明した。

【関連記事】
父、長男、次男で2年間万引生活
「13歳なら逮捕されない」と後輩使ってひったくり 男子中学生2人を逮捕
小5長男に見張りさせゴルフ場荒らし 無職の父逮捕
会社ぐるみで泥棒? 容疑の9人摘発 札幌 
空き巣師弟お縄…70歳ベテランがテク伝授

一部保有のホテル、資産報告書に不記載…小沢氏(読売新聞)
<iPS細胞>「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研(毎日新聞)
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
シー・シェパード元船長、ビデオで傷害裏付け(読売新聞)
「建築界のノーベル賞」に妹島・西沢氏(読売新聞)
プロフィール

かしわばらけんじさん

Author:かしわばらけんじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。