スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<亀井静香氏>郵政「切り刻んだ」神戸・少年事件引き合いに(毎日新聞)

 小泉純一郎元首相が主導した日本郵政グループの4分社化について、亀井静香金融・郵政担当相は29日、97年に神戸市で起きた連続児童殺傷事件で逮捕された少年を引き合いに出し「純ちゃんが、神戸の少年じゃないけど、趣味じゃなかったんだろうけど、切り刻んだ」と指摘した。雑誌・フリー記者向けに開いた記者会見で発言した。

 日本郵政は07年10月の民営化に伴い、持ち株会社の日本郵政とゆうちょ銀行など傘下の子会社4社に分社化された。郵政民営化法案に反対し、自民党を除名された亀井氏は、小泉元首相の民営化を批判するため、殺傷事件を持ち出したとみられる。【井出晋平】

【関連ニュース】
ヤジ問題:「うるさいから、うるさい」…亀井氏引かず
参院予算委:自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断
亀井金融相:政治資金規正法の緩和を
国民新党:亀井静香氏が代表に 落選の綿貫氏は最高顧問に
亀井金融相:東証視察 金融庁職員の業界への出向要請

沖縄に広大な土地購入 小沢幹事長の目的は謎(J-CASTニュース)
豊麗なる和のビーナス 聖林寺の十一面観音 (産経新聞)
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点-異例の長期審理へ・東京地裁(時事通信)
<訃報>佐々木徳夫さん80歳=昔話採集家(毎日新聞)
足立区でまた学力テスト不正、生徒に誤り指摘(読売新聞)
スポンサーサイト

800円へのアップ検討=最低賃金で厚労、経産チーム初会合(時事通信)

 厚生労働省と経済産業省の最低賃金引き上げに関する検討チームが28日、初会合を開いた。民主党は昨年の衆院選で全労働者に適用する時給800円の「全国最低賃金」の新設などを公約しており、厚労省の細川律夫副大臣は冒頭、「この約束を何とか実現したい」と強調した。
 最低賃金は現在、都道府県ごとに決められ、2009年度全国平均時給は713円。800円に引き上げた場合、地方の中小企業を中心に大幅な負担増になる。
 同日の会合では、最低賃金引き上げの影響を地域や業種ごとに分析するため、政府による調査を4月に開始し、夏までに調査結果の概要をまとめることを確認。これを受け、具体的な中小企業支援策を策定し、11年度の予算要求に反映させる方針を決めた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~石川議員、小沢氏に収支概要報告~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

大阪湾上? 救急出動ヘリの部品脱落(産経新聞)
「異性関係ばらす」と女性脅す=町課長補佐、容疑で逮捕-和歌山県警(時事通信)
町長失職…合併確定も撤回求め安土町議会リコールが告示 滋賀(産経新聞)
党改革無理なら離党も=自民・舛添氏(時事通信)
有志勉強会参加は「当然」=階政務官が答弁(時事通信)

【健康】携帯で健康チェック(産経新聞)

 マイクを使った高感度圧力センサーを装着した携帯電話で生体情報を測り、健康維持に役立てるモニタリングシステムの研究開発が進んでいる。具体的には、呼吸や心拍を測定し、睡眠時無呼吸症候群の早期予防につながることが想定されている。メーカーとも協力し、2、3年後の商品化を目指している。(森本昌彦)

 ◆自宅で簡単測定

 「携帯電話なら誰でも持っているし、測定したデータを医療機関などに簡単に送ることができる」。研究開発を行っている法政大学工学部の渡辺嘉二郎教授(計測制御工学)はこう語る。

 渡辺教授はドアの開閉や燃え上がる炎など、音よりも低い空気圧の変動を計測できる高感度圧力センサーを開発。平成11年からセンサーを使って睡眠時の呼吸や心拍、いびきを測定する研究を進めてきた。

 それを応用したのが、携帯電話によるモニタリングシステム。携帯に内蔵できるよう、センサーを直径4ミリ、厚さ1・5ミリというサイズにまで小型化させた。

 渡辺教授が考える携帯電話を使ったモニタリングシステムは次のようなイメージだ。(1)携帯電話に高感度圧力センサーを装着(2)センサーを作動状態にし、ポリ袋などにわずかな空気と一緒に携帯電話を入れる(3)そのポリ袋を枕の下に置く(4)寝て、起きたら携帯で測定したデータを医療機関にメールする。

 ◆健康管理の中心

 このシステムでどのようなことが可能になるのか。システムでは呼吸や心拍を測定するため、睡眠時無呼吸症候群や不整脈の早期発見につながることが想定される。渡辺教授は「このようなツールを使うことで、病院に行かずに毎日自宅で健康状態をモニタリングできる。携帯電話さえあればよいので、高品質の医療を低コストで提供できる」と話す。

 今はどの医療機関と提携して測定結果を判定してもらうかなどは未定だが、研究に興味を持ったメーカーがセンサーを内蔵した携帯電話の開発に着手。2、3年後の商品化を目指しているという。

 東京医科歯科大学の田中博教授(医療情報学)は「睡眠時無呼吸症候群の疑いがあっても病院で医師の診断を受け、(検査する)機械を借りて調べるのは大変。病院では半日、一日仕事になるため、忙しい人はなかなか行くことができない」と指摘。携帯電話を使った健康チェックなら「病院に行かずに自分で健康管理ができる。健康管理のハードルを下げていることに意義がある」と評価する。

 さらに、「携帯電話なら通勤、通学中でも使える。携帯電話は個人の健康管理の中心になっていく可能性がある」と話している。

                   ◇

【用語解説】睡眠時無呼吸症候群

 睡眠中に気道が狭められ、一時的に呼吸が止まる状態が繰り返される睡眠障害の一種。眠りが浅く、睡眠不足の状態が慢性的に続き、昼間も強い眠気に襲われ、突然眠ってしまうことがある。このため、事故の原因になったり、高血圧や心筋梗塞(こうそく)、脳卒中など生活習慣病の元凶になったりすることもある。

「やっぱり法制局長官を国会に」政府が心変わり?(読売新聞)
小沢幹事長 4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
<喜多方市長選>山口信也氏が初当選(毎日新聞)
首相動静(1月21日)(時事通信)
爆破予告、容疑で中学生逮捕=入間市の小、中全校が休校-埼玉(時事通信)

1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)

 昨年8月30日に投開票された衆院選の小選挙区で、議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)が2・30倍となったのは、選挙権の平等を定めた憲法に違反しているなどとして、広島市中区の男性が選挙の無効を求めた訴訟の判決が25日、広島高裁であった。

 広田聡裁判長は同選挙を違憲としたうえで、原告の請求を棄却した。

 昨年の衆院選での1票の格差を巡る訴訟は全国8高裁・支部に起こされ、昨年12月、大阪高裁で違憲判決が出ている。

 昨年の衆院選で、当日有権者数が最大の千葉4区と、最小の高知3区との1票の格差は2・30倍、原告の男性が投票した広島1区と高知3区では1・47倍だった。

小沢氏聴取「できるだけ早く」=鳩山首相(時事通信)
外国人参政権反対 自民議連再開(産経新聞)
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え(時事通信)
民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)
寒さに強いぞ岩手県人、最も寒がり秋田県人(読売新聞)

<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)

 自民党の「外国人参政権の慎重な取り扱いを要求する国会議員の会」は20日、党本部で会合を開き、永住外国人への地方選挙権付与を阻止する活動を強めることで一致した。同党は、政府が今国会に提出を予定する外国人地方選挙権法案に反対する方針だが、国会審議での抵抗には限界があるため、世論への訴えに重点を置く。

 会合では会長に村上誠一郎元行政改革担当相を選出した。執行部には24日の党大会で反対を明確に打ち出し、法案の問題点を早急に詰めるよう求めることを確認した。

 この日、出席議員は一様に反対を表明。平沢勝栄元副内閣相が「昨年の衆院選で民団(在日本大韓民国民団)は賛成の候補者を総力を挙げて応援した」と問題提起したのを受け、西田昌司参院議員は「選挙応援してもらって選挙権を与えるのはモラルが破綻(はたん)している」と民主党を批判した。新藤義孝元副経済産業相は「(法案)反対の陳情は民主党に握りつぶされる。自民党が受け皿になるべきだ」と指摘した。【中田卓二】

【関連ニュース】
自民党:中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求
日韓外相会談:対北朝鮮で協力 米含め3カ国で
外国人地方選挙権法案:石原都知事「絶対反対」
外国人地方選挙権:閣内の足並み乱れ
自民党:外国人の地方選挙権は反対方針

偽一万円札を使った中学生2人を逮捕 大阪府警(産経新聞)
<超高層マンション>地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
<毎日映画コンクール>09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)
障害者自立支援法 和歌山地裁和解へ(産経新聞)
可視化法案、今国会提出を検討 検察威嚇、小沢氏擁護で党“暴走”(産経新聞)

<青森ねぶた師>収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)

 日本最大の火祭り「青森ねぶた祭」で、ねぶた師が後継者不足に陥っている。ねぶたのデザインや制作だけでは生活できないためで、ねぶた師20年の竹浪比呂央(ひろお)さん(50)は22日、新たな収益を生み出そうと「ねぶた研究所」を市内で発足させる。「ねぶたに付加価値を付け、芸術としての新たな可能性も模索したい」と、グッズ販売や講習会の開催なども手がける考えだ。

 研究所は、毎年5~7月にJR青森駅近くに建つ、ねぶたを作る「ねぶた小屋」をイメージした常設の作業小屋。弟子たちが通年でねぶた作りに打ち込めるようにするとともに、観光客がいつでもこれを見学できるようにする。デザインや商品に著作権を設定し、収益につなげることも検討している。

 約350万人の観光客を集めるねぶた祭り。主役は約20台の大型ねぶたで「ハネト」と呼ばれる踊り手とともに街に繰り出す。ねぶた師は現在12~13人いるが、1台の制作費400万~500万円の半分以上は材料費などに消え、1台作っても生活は困難だ。病気入院した場合の保障もなく、別の仕事を抱えながら取り組んでいる。

 竹浪さんもそんな一人。最高賞の「ねぶた大賞」を3回受賞し、ねぶたを海外に出陣させるなど活躍しているが、非常勤で薬剤師の仕事もかけ持ちしている。竹浪さんは「情熱だけでは食えない。このままでは途絶える。じっくり後継者を育成し、腕を磨いて新たな収益も見込める研究所にしたい」と語った。【矢澤秀範】

【関連ニュース】
無断引用:我妻氏「民法」を大原学園が教材に 遺族が提訴
著作権法:新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に
ダビング10:解除ソフト販売容疑で東芝社員逮捕 全国初
中川副文科相:書籍デジタル化での補償制度など協議へ
ひこにゃん:グッズ販売、終了? 「開国150年祭」3月閉幕で

日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書-新聞協会など(時事通信)
【風】税収アップどこまで?(産経新聞)
立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)

ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)

 ハイチ地震被災者の医療援助に当たるため、医官や看護師を含む陸上自衛隊員約110人が21日夜、成田空港から日航チャーター機で出発した。
 一行は陸自中央即応集団と第13旅団の隊員で、米マイアミで空自C130輸送機に乗り継ぎ現地入りする予定。レオガン市にある大学の看護学部で活動する。活動期間は未定。
 隊長を務める白川誠1等陸佐(48)は出発前、「真心のこもった支援をしたい。少しでもハイチの人々の役に立ちたい」と意気込みを語った。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

がん患者への相談支援の在り方でシンポ(医療介護CBニュース)
逮捕の男「刺して火を付けた」…千葉大生殺害か、包丁見つかる(スポーツ報知)
「新党発言は自粛を」自民若手、結束呼びかけ(読売新聞)
湯かけ祭り 八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉(毎日新聞)
千葉法相、指揮権発動否定せず 小沢氏土地疑惑事件(産経新聞)

可視化、冷静な議論必要=公明代表(時事通信)

 公明党の山口那津男代表は20日の記者会見で、民主党内に、容疑者取り調べの過程を録音・録画して可視化する法案を今国会に提出する動きがあることについて「冷静に話し合っていくべきだ。捜査の現場の実態を認識し、影響、費用対効果をよく検討する必要がある」と述べ、慎重な考えを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

大阪弁護士会新会長に金子氏(産経新聞)
たき火不注意で書類送検=山林火災に-宮城県警(時事通信)
<JR千歳線>線路に破断 1万5000人に影響(毎日新聞)
暫定税率、ガソリン価格が3か月連続160円超で課税停止(レスポンス)
<谷垣総裁>「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る (毎日新聞)

<地震>北海道大樹町などで震度3=午前3時46分(毎日新聞)

 15日午前3時46分ごろ、北海道十勝南部を震源とする地震があり、大樹町、幕別町、函館市などで震度3を観測した。札幌管区気象台によると、震源の深さは約50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.0と推定される。その他の各地の震度は次の通り。

 震度3=平取町、新ひだか町、浦河町、新冠町、安平町、むかわ町

 震度2=札幌市、石狩市、千歳市、江別市、小樽市、帯広市、釧路市、岩見沢市、苫小牧市、白老町

【関連ニュース】
地震:岐阜、静岡県で震度3=午前1時44分
地震:福島県田村市などで震度3 午後4時ごろ
地震:鹿児島県で震度4=午後4時11分
地震:釧路市などで震度4 午前9時13分ごろ
地震:北海道・釧路などで震度2=午前9時24分

【風】「住みにくい世の中になった」(産経新聞)
経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速-日航再生計画(時事通信)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)
センター試験 敵は不況と新型インフル(産経新聞)
バイク同士接触、小学教諭死亡 大阪・鶴見(産経新聞)

コンビニ強盗を偽装、現金盗む=約18万円、店員ら逮捕-奈良県警(時事通信)

 奈良県天理市内のコンビニで、強盗に金が奪われたと偽り、店内から現金を盗んだとして、奈良県警捜査1課などは15日、窃盗容疑で、この店でアルバイトする天理大3年、日比野泰也容疑者(21)=同市田井庄町=ら4人を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、昨年10月23日午前3時15分ごろ、ファミリーマート天理指柳町店で、レジや事務所の売り上げ袋に入った現金約18万円などを盗んだ疑い。
 同課によると、4人は強盗役や見張り役などを分担。日比野容疑者は被害者を装い、天理署に通報していた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
釈放の男性3人を不起訴=時効直前の強盗事件
女性物Tシャツにも血痕=ATMの男、上申書提出
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減
Tシャツとキーケースも発見=ATMの男、月内にも立件へ

シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)
<裁判員裁判>取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁(毎日新聞)
<新型インフル>輸入ワクチン承認へ 9900万回分(毎日新聞)
<共産党大会>志位委員長を再任 市田書記局長も(毎日新聞)
別の客とトラブル、殴られ大学生が死亡 大阪(産経新聞)

プログラム不具合が原因=羽田空港の管制システム障害(時事通信)

 羽田空港の管制システム障害で200便以上に影響が出たトラブルで、国土交通省は15日、成田空港とのターミナルレーダー管制一元化で新たに導入したプログラムの不具合が原因だったことを明らかにした。
 国交省によると、不具合があったのは、気象情報をシステムに入力するプログラム。本来の場所ではなく、航空機の位置情報などを入力する部分にデータを送ってしまうプログラムミスがあり、システムの負荷が大きくなって画面上に航空機情報が表示されるのが遅くなったとみられる。 

都議補選 自・民の一騎打ち(産経新聞)
後納期間10年に延長=国民年金保険料、法案提出へ-厚労相表明(時事通信)
埼玉不審死、女を6度目逮捕 婚活相手から四百数十万円(産経新聞)
巡査を懲戒免職=男子短大生監禁事件-兵庫県警(時事通信)
ネット端末ねずみ講、被害2千人7億円超 容疑の業者逮捕(産経新聞)
プロフィール

かしわばらけんじさん

Author:かしわばらけんじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。