スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<郵便不正事件>村木被告の指示を否定 上村被告初公判(毎日新聞)

 障害者団体への郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、実体のない団体を障害者団体と認める証明書を作成したなどとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元係長、上村勉被告(40)の初公判が9日、大阪地裁(横田信之裁判長)であった。上村被告は「(偽証明書の作成は)単独でやった」と述べ、厚労省元局長、村木厚子被告(54)が指示したとする起訴内容を否定した。この事件では4人が起訴されたが、上村被告は「他の3人と共謀はしていない」と、自分一人で偽証明書を作ったと強調した。

 同罪は文書作成権限のある公務員を処罰する「身分犯」。証明書の作成権者は村木被告で、上村被告は「身分なき共犯」として起訴された。弁護側は「村木被告は偽証明書作成に無関係なので、上村被告の身分なき共犯は成立しない」としており、この日の公判で「(身分犯ではない)公文書偽造罪なら成立する」と主張した。

 上村被告は大阪地検特捜部の取り調べで、村木被告に証明書作成を指示されたとする供述調書に署名した。しかし今年2~3月に村木被告の公判に証人出廷した際、「村木被告から指示されていない」「検察のでっち上げ」などと供述調書を否定。この日の公判でも改めて村木被告との共謀を否定した。

 起訴状によると、上村被告は04年6月上旬ごろ、村木被告や実体のない障害者団体「凜(りん))の会」(解散)の倉沢邦夫(74)、河野克史(こうのただし)(69)両被告と共謀し、同会を障害者団体と認める偽証明書を作成したとされる。また同年5月中旬ごろ、証明書の作成手続きが進んでいることを示す内容虚偽の稟議書(りんぎしょ)を作成し、ファクスで同会に送ったとされる。

 上村被告は公判前整理手続きが長引き、この事件の4被告の中で最後に公判が始まった。これまでの公判前整理手続きで、村木被告ら他の3被告との共謀の有無▽村木被告の関与を認めた供述調書の任意性▽適用する罪名--などに争点が絞られている。今後の公判では、上村被告を取り調べた検事や倉沢、河野両被告、厚労省の前任係長ら8人の証人尋問が行われ、11月に結審する見通し。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正事件:厚労省元係長の初公判は6月9日 大阪地裁
郵便不正:弁護側「無罪を実感」 検察側は敗北感にじませ
郵便不正:村木元局長、無罪の公算大 部下の供述不採用
郵便不正:「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁
郵便不正事件:「凜の会」で控訴…大阪地検

法律事務所で刺された男性死亡、弁護士と確認/横浜(カナロコ)
米が声明「大統領は菅新首相と緊密に協調」(読売新聞)
民主政調会長に玄葉氏(時事通信)
樽床氏 代表選出馬「よく考えてみたい」 民主党代表選(産経新聞)
アレルギー抑制分子を発見=治療法開発に期待―筑波大(時事通信)
スポンサーサイト

iPhoneに対応=電子文庫パブリ(時事通信)

 主要出版社31社でつくる日本電子書籍出版社協会は28日、約1万3000冊を販売する直営電子書店「電子文庫パブリ」の電子書籍をアップル社の「iPhone(アイフォーン)」と「iPod touch(アイポッドタッチ)」に対応させると発表した。
 6月初旬から、アップル社のアプリケーション販売サイト「アップストア」で閲覧用アプリを無償ダウンロードできる。同アプリはXMDF形式、ドットブック形式の電子書籍に対応。28日に発売された「iPad(アイパッド)」向けの閲覧アプリは今秋提供する予定。 

【関連ニュース】
【特集】最強モバイルを探せ!
【特集】詳報iPad アップル、次は電子書籍に挑戦
iPad、日本で発売=早朝から長蛇の列
「iPad」求め徹夜の列
楽天、iPadで雑誌の一部を無料閲覧

参院選「かなり負ける可能性」=鳩山首相の続投訴え―外相(時事通信)
<民主>「非小沢系」勉強会に115人 玄葉氏ら開催(毎日新聞)
杉並区長が記者会見で辞職表明 参院選出馬意向も(産経新聞)
[DS] 『サカつくDS ワールドチャレンジ2010』のTV-CMが今日から公開
【集う】イラクに散ったジャーナリスト故・橋田信介氏を偲ぶ「タンポポ忌」(産経新聞)

点滴混入事件公判 「9日間は必要だった」。裁判員らが会見(産経新聞)

 3人の幼い娘の点滴に水道水などを混入し死傷させたとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)の裁判員裁判で、京都地裁が20日、懲役10年の判決を言い渡した後、記者会見した裁判員らからは、過去最長の審理日程を前向きにとらえる意見が目立つ一方、MSBPを「理解できていない」とする意見もあり、専門的な内容をわかりやすく裁判員に伝える難しさが浮き彫りになった。

 裁判員の女性2人と補充裁判員の男女2人の計4人が出席。長期間の裁判について、裁判員を務めた主婦は「難解な医療用語は9日間あったからこそ理解できた。裁判員の団結力も増し、評議に役立った」。補充裁判員の30代の女性は「医学用語以外にも複雑な事情がある事件だったが、焦ることなく評議に臨めた」と強調した。

 MSBPについては、補充裁判員の会社員の男性が「難しい内容だったのでいまだにはっきりと理解できていない」と率直な感想を語ったのに対し、裁判員の女性は「裁判員同士で何回も話し合ったし、裁判官の方もわかりやすく教えてくれたので理解できた」と話した。

 京都地検の長谷透公判部長は「子供の最大の保護者であるべき母親の犯行であることなどが重視されたのだと思う」と評価。一方、主任弁護人の堀和幸弁護士は「完敗」としたうえで、「やるべきことはやったが、科学的な証拠の壁を崩すのは難しいと思い知らされた」と話した。

【関連・点滴混入事件】
娘の点滴に水道水混入 母親に懲役10年判決
京都点滴混入裁判 検察側が懲役15年を求刑
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母
点滴混入事件 難解用語、長丁場の審理…制度本格化へ試金石
日程9日間…裁判員候補6割が辞退 点滴混入事件

裁判員裁判で初、求刑上回る懲役8年判決(読売新聞)
<詐欺>うその説明で教材高額で販売 4人を容疑で逮捕(毎日新聞)
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)
<神奈川歯科大>歓迎コンパで飲酒、新入生が死亡(毎日新聞)
<タクシー運転手殺害>メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)

富士山 青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)

 アルピニストの野口健さん(36)と取り組む「富士山クリーンツアー」が9日、山梨県鳴沢村の青木ケ原樹海であった。11年目に入った毎日新聞富士山再生キャンペーンの一環。読者ら約140人が、埋まっている昔のごみを掘り起こすなどして1.5トントラック2台分を回収した。

 同ツアーはNPO「富士山クラブ」(奥島孝康理事長)の協力で実施。毎日新聞主催のツアーは6月20日、7月3日、11月3日にも予定されている。野口さんは「活動を始めて10年たち、5合目以上は奇麗になった。樹海地区も新しいごみは極めて少ない。活動は『ごみ拾い』から『ごみ掘り』の時代になった」と話した。

【関連ニュース】
滑落:各地で相次ぐ 富士山、谷川岳で計2人死亡2人重傷
滑落:各地で相次ぐ 富士山・谷川岳で計2人死亡
特集:富士山再生キャンペーン 今年も精力的に 在来種保全に着手
富士山
富士山環境保全協力金協:富士吉田で第1回会議 /山梨

中沢選手「日本引っ張れ」=恩師の高校で生徒ら寄せ書き-埼玉(時事通信)
税収回復まで公約抑制=行政刷新相(時事通信)
国外移設も…民主6議員、サイパンなど視察へ(読売新聞)
4月の振り込め被害が最悪=緊急撲滅月間実施へ-高齢者宅訪問も・警視庁(時事通信)
始祖鳥の化石を化学分析=最新技術で構造解明へ-英米チーム(時事通信)

「警官と鬼ごっこしたい」…少年ら交番に生卵(読売新聞)

 交番の警察官に生卵を投げつけたとして、警視庁は22日、いずれも東京都大田区内の飲食店店員の少年(16)、無職少年(16)、中学3年の女子生徒(14)の3人を公務執行妨害の疑いで逮捕したと発表した。

 調べに対し、3人は「クレイジーなことをやってみようと思った」「警察官と鬼ごっこをしたかった」などと供述しているという。

 発表によると、3人は昨年11月26日夕、大田区の池上署久が原交番と同署千鳥交番で、勤務中だった警察官2人にバイクから生卵計5個を投げつけた疑い。

 近くの公園で卵を投げる練習をした後、バイク数台に分乗し、交番で犯行に及んだという。店員の少年は地元の暴走族メンバーで、無職少年と女子生徒は遊び仲間。女子生徒が6日、少年2人が17日に逮捕された。

当選祝い…わいろ渡した業者に有罪 宝塚市汚職(産経新聞)
父親殺害後?長男の車がバスと衝突、4人けが(読売新聞)
<拉致被害者>1500人参加し早期救出求める集会 都内で(毎日新聞)
「韓国側論文は低水準」 藤岡会長「新しい歴史教科書」批判に反論(産経新聞)
<雑記帳>大好評「商店街スゴロク」 秋田(毎日新聞)
プロフィール

かしわばらけんじさん

Author:かしわばらけんじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。